リフォームを活用する

カラフルなドア

家は使いようによっては古くも感じ、また味わいがある家にすることもできる。
これはひとえにその家を管理する人のセンスと管理能力が影響することでもある。
家は個人のものではあるが、街並みの中にあるので公共である景観に影響を与えるともいえる。
大きな意味でいえば外壁や外構も公共のものである。
法律的にはこれらのエクステリアとよばれる住居部分は、家を管理する人々の所有物である。

公共の場に出るとき、人はTPOに合わせて服装や化粧を変えることがマナーである。
これは家にもいえることである。
家は住んでいる人を表すものでもあるので、常に露出している外壁塗装や屋根部分をメンテンナンスすることはマナーを守ることでもある。
こうしたマナーを守ることは、すなわち自分たちの住居を守ることでもある。
雨が当たり続けるこの部分からは水分が入り込みやすい。
室内にカビが生えやすいのは壁であるともいわれているが、これは壁が外壁と繋がっているためである。
このため、外壁を整えることは、室内を守ることでもある。

エクステリアという言葉は近年よく話題になっている。
塀などの外構部分とは異なり、内部であり外部であるというエクステリアには外壁塗装も含まれている。
暮らしを豊かにするための方法として、こうした外と内の境目である曖昧な部分に気を使い、新しい考え方を採用する方法がある。
塗装に珍しい色を選び、それが周囲にも溶けこむということが実現できれば、そこから家の新しい発想が広がるはずである。

美しい別荘
工事現場02

エクステリアを考える

エクステリアは家の内部と外部を繋ぐ中間のことである。このため、外に接している外壁塗装もその内に含まれる。家の印象を決めるのはインテリアだけでなく、景観に溶け込む外壁も重要である。

Read more

2棟のマンション

ペンキの耐える年数

外壁塗装をするときは、その耐用年数で選ぶことも大事である。フッ素樹脂が含まれているペンキは耐用年数も長く、その分値段も高くなる。防水や紫外線に対する耐用年数も注目したい。

Read more

家05

家の形式で決める業者

家の形式には集合住宅であるマンションと一戸建てがある。業社には一戸建てが得意な業社とマンション専門の外壁塗装業社があるので、それぞれの得意分野で依頼する業社を決めることになる。

Read more